Yenten:CentOS 6.9でウォレットを動かす

仮想通貨のYentenの公式ウォレットアプリケーション「Yenten Core」をCentOS 6.9で動かす方法です。本記事ではサーバとして動かします。
CentOS 6.9のyumリポジトリで管理されるパッケージのバージョンが一部対応しておらず、その分は個別にインストールしています。CentOS 7以降ではまた違ってくると思います。
※ソフトウェアのインストール・実行は自己責任です。特に仮想通貨はお金の絡むことなので、十分にお気をつけください。また基本的なことは知っている、もしくは調べられる人向けに書いているため、コマンドなど細かく説明していません。

<環境>

  • マシン:レンタルのVPS
  • OS:CentOS 6.9
  • バージョン:1.2.1

https://github.com/conan-equal-newone/yenten
https://github.com/conan-equal-newone/yenten/archive/1.2.1.tar.gz

ソースコードからYenten Coreをビルドする

1-1. yumで揃うパッケージのインストール

~ $ yum install gcc gcc-c++ kernel-devel
~ $ yum install libtool automake autoconf
~ $ yum install pkgconfig

下記はCentOS 6.9のパッケージではYenten Coreのデーモン実行時にエラーとはなるため使えません。(boost-develは別サイトでエラーになるって見たので試しておらず、あくまでもらしい)。

※実行不要です
~ $ yum install openssl-devel
~ $ yum install boost-devel

OpenSSL起因はこんな感じのエラーです。

Error: OpenSSL appears to lack support for elliptic curve cryptography. For more information, visit https://en.bitcoin.it/wiki/OpenSSL_and_EC_Libraries

 
ここからはyumでインストールしたパッケージとバッティングするのが嫌なので、/home/wallet/commonに仮想通貨用のライブラリを配置します。
<参考サイト>

1-2. Berkeley DB 4.8のインストール

~ $ wget http://download.oracle.com/berkeley-db/db-4.8.30.NC.tar.gz
~ $ tar xvzf db-4.8.30.NC.tar.gz
~ $ cd db-4.8.30.NC/build_unix/
~/db-4.8.30.NC/build_unix $ ../dist/configure --prefix=/home/wallet/common --enable-cxx
~/db-4.8.30.NC/build_unix $ make
~/db-4.8.30.NC/build_unix $ make install

1-3. OpenSSL(1.0.2系最新)のインストール

~ $ wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.0.2n.tar.gz
~ $ tar xvzf openssl-1.0.2n.tar.gz
~ $ cd openssl-1.0.2n/
~/openssl-1.0.2n $ ./config --prefix=/home/wallet/common --openssldir=/home/wallet/common/openssl -fPIC shared
~/openssl-1.0.2n $ make
~/openssl-1.0.2n $ make install

※1.1.0系のOpenSSLは別のOSで試したときにエラーとなりました。

1-4. Boost(最新)のインストール

~ $ wget https://dl.bintray.com/boostorg/release/1.65.1/source/boost_1_65_1.tar.gz
~ $ tar xvzf boost_1_65_1.tar.gz
~ $ cd boost_1_65_1/
~/boost_1_65_1 $ ./bootstrap.sh
~/boost_1_65_1 $ ./b2 --prefix=/home/wallet/common link=static runtime-link=static install

1-5. Yenten Coreのビルド

ビルドしたファイルの出力先は/home/wallet/yentenとします。

~ $ wget https://github.com/conan-equal-newone/yenten/archive/1.2.1.tar.gz
~ $ tar xvzf 1.2.1.tar.gz
~ $ cd yenten-1.2.1/
~/yenten-1.2.1 $ ./autogen.sh
~/yenten-1.2.1 $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib \
LIBS="-lssl -lcrypto -lrt" \
CPPFLAGS=-I/home/wallet/common/include \
LDFLAGS=-L/home/wallet/common/lib \
SSL_CFLAGS=-I/home/wallet/common/include \
SSL_LIBS=-L/home/wallet/common/lib \
CRYPTO_CFLAGS=-I/home/wallet/common/include \
CRYPTO_LIBS=-L/home/wallet/common/lib \
PKG_CONFIG_PATH=/home/wallet/common/lib/pkgconfig \
PKG_CONFIG_LIBDIR=/home/wallet/common/lib \
./configure --prefix=/home/wallet/yenten \
--with-boost=/home/wallet/common \
--with-boost-libdir=/home/wallet/common/lib
~/yenten-1.2.1 $ make
~/yenten-1.2.1 $ make install
~/yenten-1.2.1 $ ls -l /home/wallet/yenten/bin
-rwxr-xr-x 1 wallet wallet 137382984 12月 11 23:55 2017 test_bitcoin
-rwxr-xr-x 1 wallet wallet  22643692 12月 11 23:55 2017 yenten-cli
-rwxr-xr-x 1 wallet wallet  79168644 12月 11 23:55 2017 yentend

補足

今回のように任意の場所にライブラリを配置し、かつ、/etc/ld.so.confにパスを通さない場合、Yenten Coreを起動する際には環境変数LD_LIBRARY_PATHにライブラリのパスを設定しなければなりません。

~ $ export LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib
~ $ ./yentend
~ $ ./yenten-cli stop

もしくは

~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yentend
~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yenten-cli stop

.bashrcや.bash_profileへの追加でもよいと思いますが、個人的には好きではありません。

Yenten Coreを起動する

2-1. yentendの初回起動(エラー)

yentendを実行するとYenten Coreが起動しますが、設定ファイルが無いため、エラーになります。ただ初回起動時にデータのディレクトリを作成するため、エラーでもよいので起動します。

~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yentend
Error: To use the "-server" option, you must set a rpcpassword in the configuration file:
/home/wallet/.yenten/yenten.conf
It is recommended you use the following random password:
rpcuser=yentenrpc
rpcpassword=5n7vDF7a7eDpdoFhmRymaEch8oX5Rdo2JzSCGvYEqun7
(you do not need to remember this password)
The username and password MUST NOT be the same.
If the file does not exist, create it with owner-readable-only file permissions.
It is also recommended to set alertnotify so you are notified of problems;
for example: alertnotify=echo %s | mail -s "Yenten Alert" admin@foo.com

2-2. yenten.confの作成

/home/ユーザ名/.yenten配下にデータが作成されたため、設定ファイルのyenten.confを作成します。rpcxxxの部分は自分の環境に合わせてください。

~ $ vi /home/ユーザ名/.yenten/yenten.conf
rpcuser=user
rpcpassword=pass
rpcallowip=127.0.0.1
rpcport=9982
daemon=1
server=1
gen=0

2-3. yentend の起動

設定ファイル作成後に再度yentendを実行します。実行後は起動したことを確認するため、yenten-cli getinfoを実行します。

~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yentend
Yenten server starting
~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yenten-cli getinfo
{
    "version" : 1020100,
    "protocolversion" : 70006,
    "walletversion" : 60000,
    "balance" : 0.00000000,
    "blocks" : 20580,
    "timeoffset" : 0,
    "connections" : 8,
    "proxy" : "",
    "difficulty" : 0.02032155,
    "testnet" : false,
    "keypoololdest" : 1513004203,
    "keypoolsize" : 101,
    "paytxfee" : 0.00000000,
    "relayfee" : 0.00001000,
    "errors" : ""
}

ウォレットを停止するには、yenten-cli stopを実行します。

~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yenten-cli stop
Yenten server stopping

2-4. ウォレットの暗号化

ウォレット(wallet.dat)を暗号化するには、yenten-cli encryptwalletを実行します。実行後にはYenten Coreを再起動します。暗号化すると送金等一部の処理にパスワードが必要となります。
Linux上ではコマンド履歴が残るため、Windowsで暗号化したwallet.datをLinuxへアップロードして使う、.bash_historyを削除するなどすることをオススメします。

~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yenten-cli encryptwallet password
wallet encrypted; Yenten server stopping, restart to run with encrypted wallet. The keypool has been flushed, you need to make a new backup.
~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yenten-cli stop
~ $ LD_LIBRARY_PATH=/home/wallet/common/lib ./yentend

  
参考になりましたらYentenを寄付していただけると幸いです。
Yentenアドレス:Yh5Q12DsQsF6xPaQXByPdh3HcyjfYgZEz2